2007/3/14  #1901

新幹線車内の音の変化

ぼくの仕事は遠方への出張があまりない仕事
なのだが、今月はスペシャルマンスリーで
2回も遠方ロケに出ていた。
今日、福島県から帰ってきたんだけど
移動は新幹線。東北新幹線と東海道新幹線。
東北新幹線にはじめて乗ることができて
これはこれで感激。できれば在来線を走る
ミニ新幹線にも乗ってみたかった。

今日新幹線に乗っていてひとつ感じたことが
室内の音が増えたな、ということだった。
客室内には、いろんな音がある。
しゃべり声や缶コーヒーや缶ビールを開ける音。
売り子さんの声、通路を歩く人の音。
いままで新聞をめくる音。
そこによく聞こえる音として、パソコンの
キーボードをたたく音が増えてきた。

今日もしずかな室内のそこかしこで
カチャカチャ音がなっていて
これ、新聞をめくる音より多いんじゃない?
というほどだった。

新聞を読む感覚で、パソコンを使う。
手帳を開く感覚で、パソコンを使う。
20年前の人が見たらびっくりするだろうな。
50年前の人が見たら何をやってるのか
理解できないだろう。
100年前の人がみたら、パソコンよりも
新幹線にびっくりするんだろうけど。

ホントに身近な身近なツールになったなぁ、
と感じたしだいでした。