2007/3/31  #1918

今日でつぶやき卒業です。

今日で1918回。5年と93日。
おつかれさまでした。
これでつぶやき、一旦卒業です。
これで、もう当分書かなくていいんだと思うと
少しホッとして、少しさみしい気がする。

でも、何かをやめないと、新しい何かも始まらないし
何かを手放さないと、他の何かはつかめない。
すべての人に平等に与えられている
24時間という限られた時間のなかでのやりくりを
どうするのか。
時間は無限にあるようで、実はそんなに
ないんじゃないかと思う。

このつぶやきを読んでいる人で、
あと桜を100回見られる人はおそらくいないだろう。
あと10回しか見られないかもしれない人だって
いるかもしれない。
それが、あなたかもしれないし、ぼくかもしれない。
だれにもわからないけど、そんなことね。

だけど、全員が終わりに一歩一歩近づいていることは
たしかなこと。平均寿命が延びたからって
自分がその寿命まで生きられるかどうかもわからないし
明日のことだってわからない。

限りがあるんだ。永遠じゃないから。
時間はずっと流れているけど、
自分の時間は刻々と無くなっている。
カラータイマーはいつ点灯するのだろうか。

だから、大切にしなきゃいけない。
かぎりある時間の配分も考えなきゃいけない。

ぼくにとって今が、
配分をすこし変える時期にあるんだと思って
つぶやきの毎日更新をおわることにした。

5年間毎日続けてこれたことは自信になるし
ちょっとカッコつけていえば、
これこそお金で買えない宝物。
誰にもとることができないぼくだけの宝物。

自分だけの宝物、自分たちだけの宝物、
それをたくさん持っている人は素晴らしい。
お金はたくさんあるけど、
それであなたの人生、楽しいの?幸せなの?って
いいたくなる人よりも、よっぽど魅力的だ。

これからも、いろんなことを経験して学んで
宝物を増やしていきたいと思う。

最後になりましたが、
ぼくがここまで続けてこれたのも
たくさんの人の協力と励ましがあったからです。
聞き耳でコラムを書いてくれていた人はもちろん
応援メールをいただいた人
ときどき会うと、見てるで!と声をかけていただいた人
直接連絡することはなくても見つづけていただけた人
毎日のアクセス件数、
そして何よりも、毎日の生活のなかで
つぶやきを書くことをずっと応援してくれた
奥さんに感謝です。

みんな、ありがとう!

これで、毎日更新は終わり!
おしまい、っと。