2007/2/25  #1884

走りが少し変わった

最近は、体重が少しずつ下がってきたこともあってか
走りが少し変わったような気がする。
この間、いつものように走っていて
4キロほど走った時点で、体がだんだん慣れてきたとき
ふと足を前にピンと出すような走りをしてみた。
すると、ストライドが伸びて
スピードがあがったように感じた。
この走り方では、疲れるだろうと思ったけど
案外走れているのだ。これはどうしたことだ?
自分でも驚いた。

走るときは、なるべく長い距離を走れるよう
体力を温存するために、ストライドを小さくして
歩数を増やすような走り方をしていた。
小股でせかせかと走るような走り方だ。

それだと疲れにくいと聞いていたから
そうしていたけど、この間の足をピンと前に出す走りが
意外にもうまくいったものだから、
それがうれしくて、昨日もそれで走ってみたら
やっぱりうまくいった。
結構走れるものだから、いつもは6〜7.5キロで
終わるところを、さらに延長して走ってみた。
さすがに足に疲れはきているが、
マピオンマップのキョリ測で計ってみると
10キロを走っていた。
思わずガッツポーズ!
マラソン大会以外で、10キロを走ったことがなかったから
練習でも10キロ走れるようになったことがうれしくて。
スピードは遅いけど、10キロを走れたのは自信につながる。

これも少しずつの練習の成果と体重が下がったことが
大きく影響しているのだと思う。
しかしね、体重計の測定判断によると
ぼくはまだ肥満なのだ。さらにやせれば
もっと走れるようになるのか。
だとしたら、それはこれからも少しずつ体重を下げる
励みになる。
やせ気味になることは、到底無理だけど
標準レベルにゆっくりと落としていってみたい。
そのときには、今年の目標ハーフマラソンが
走れるようになるかもしれない。
なんだか、楽しみだぁ。