2007/2/9  #1868

プロスポーツ選手って大変

確定申告の時期というのかな。
2月、3月あたりは、何かと税金とかのことで
あわただしくなる。
ぼくのような、あまり稼いでいない人は
たいしたことはないけど、
たくさんのお金をもらっている

プロスポーツ選手とかって大変だと思う。
年俸が毎年右上がりになっているうちはいい。
問題ない。横ばいでも大丈夫。
しかし、これが右下がりになると
ちょっと苦しくなって、極端に下がったり
自由契約になってしまうと、大変なことになる。

何が大変かというと税金。
年俸3億円のプレーヤーがいたとする。
この年俸が来年の税金を決める。
仮に半分が税金になるとすれば、
来年は1.5億円を納めなくてはいけなくなる。
来年の年俸が3億円以上であれば、
その金額は捻出できてしまう。
1.5億円税金で支払っても、1.5億円残る。
しかし、年収が半分の1.5億円になってしまったとすると
これは大変なことになる。
その全額を税金に持っていかれてしまう。
もっと最悪なケースで、自由契約になったとすると
収入はゼロ。しかし、税金は1.5億円
支払わなくてはならない。これは地獄。
1.5億円以上の預金がなければ払えないし
あったとしても、生活するお金がない。

年の終わり頃になるとプロ野球の契約更改が
テレビでよく流れる。
大幅ダウンした選手をみて、
ダウンしたっていうけど、まだ1億円あるじゃない、
と思ってしまいがちだけど、そんなに簡単なことじゃない。
選手生命のことはもちろんだけど、税金も大変。

うまくできる方法とか知恵があって、
そのあたりの対策は、やっているのだろうけど
単純に考えると、そういうことになるのだと思う。

たくさんお金もらっているから、いいねぇ、と
思ってみているけれど、
たくさんもらっている人たちには
庶民とは別の問題がある。
それぞれがそれぞれのポジションで、
いろいろと大変なのだねぇ。