2007/2/5  #1864

イヤなニュースばかりじゃね

ニュースや新聞を見ていると、
良いことよりも悪いことのほうが圧倒的に多い。

殺人事件だ、火災だ、ひき逃げだ、耐震偽装だ、
汚職だ、離婚だ、鳥インフルエンザだ、地震だ、・・・・。

よくこれだけ事件があるなぁ、と感心するほど
毎日毎日、次から次ぎへと、悪い出来事は起こる。
でも、悪いことばかりじゃなくて
良いことも同じくらいあるんだろうに、
そういったニュースはあまり流れない。

他人の良かったことなんて、聞いてもつまらない、
ということなんだろうね。

人間の興味が他人の不幸にあるのなら
うまくいくはずがないよね。

ちょっと違うけど、映画やドラマとかもそう。
ホラーとか、サスペンスとかなんかも、
あんなことされたら、たまらない、怖い、イヤだ
ということを観るわけでしょ。

ぼくは観られないんだなぁ。単なる恐がりなんだけど
無理して、怖くならなくてもいいのにと思ってしまう。
怖いもの見たさ、ということなのかもしれないけど
そういった出来事が脳にすり込まれてしまうのもイヤだ。
インパクトが強ければ強いほど、強くすり込まれるらしい。
何かのはずみでそれが思考回路に組み込まれたりすると
気が付くと、凶悪なことをしていたってことにもなりかねない。
今の凶悪な事件も、そういったことが
少なくないんじゃないかな。

普通に生活をしていると、ニュースに触れないことは
ほとんどない。触れたくなくても、どこかで触れてしまう。
こっちから意識的に遮断することも、
ときどき大切なんだと思ったりする。