2004/3/4  #7

相槌のタイミング

「キッチンテーブルトーク」
日本の文化とアメリカの文化の違いを日本に長年在住している
アメリカ人女性が自分の体験をもとに面白 おかしく綴っている
この本がちまたで売れているらしい。
日本人向けに簡単な英語で書かれているのでとっても読みやすい。
私が一緒に働いている日本在住歴3年未満の外国人女性とは
いささか視点が違うので そのへんが新鮮で面白かった。

例えば「日本人男性は魅力的か?」というトピックで言っていたのは
アメリカでは日本人男性イコール無趣味のワーカホリックという
イメージがまだまだ根強く残っていて
ハリウッド映画でも脚光を浴びているのはいつも「サムライ」ばかり。
現代の男性が素敵に描かれている事はめったにない。
ところがどっこい 日本在住歴の長い欧米人の中で実は「日本人の男
って結構魅力的!」って思っている女性少なくないみたいです。

アメリカ人男性と決定的に違うのは日本人男性は人の話をよく聞き
相槌を打つのが絶妙に上手いので一緒に話をしていてとても安心
するそうな。
議論好きで絶対に人の意見に屈しないアメリカ人男にストレスを
感じている女性は「うんっうんっ」って聞いてくれる日本人男性と
接する事でとてもほっこりした気分になるようです。

確かに意見をぶつけ合う事は刺激になる事が多いし異なった考え方を
共有する事は楽しかったりもするけど 
それがヒートアップし過ぎて
「俺は正しい、お前は間違っている」っていう
勝ち負けに達するとただの自我の張り合いになってそこからは何も
生まれないんじゃないかな、と私は思う。

ちょうどその本を読んでいた時隣で
小学生の生徒のMちゃんが宿題をしていたので 
この日本人男性像についてどう思うか聞いてみた。
するとMちゃん しらっとした顔で
「そんなのただ右から左に聞き流してるだけだよ。
聞いてるふりが上手いだけじゃん。」
恐るべし 11歳にしてこのクールな発言!
美輪明宏の小型版みたいな子だわ。。。。。

そこで私もついつい「そうやんねー女の方が断然聞き上手やんねー」
とぽろっと言ってしまったばっかりに隣の男性上司に
「そんな豪語してるけどお前さんは
人の話ちゃんと聞いてるって言えるんかね?」
とつっこまれてしまった。

「えっいや。。あのお。。聞いてるつもりなんですけど。。。」
確かに去年何人かの人から
「あんたの相槌のリズムちょっとおかしいよ、
”うん”っていうタイミングが早すぎて
人の話聞いてないように見えるかもね」
という指摘を受けてしまった。
さらには
「(会話のキャッチボールの最中に)あんたにボール投げても
何故かバナナが返ってくるんやけど何でやろ?」
なんて言われてこっちが何でか聞きたいわってなもんである。
しかも何でリンゴじゃなくてバナナなの?
私は常にまともなボール投げてるつもりなんだけどなあ。。。

うーん今更ながらコミュニケーションって本当に難しい。
私が通っている整体の先生に聞いてみた。
「どうしたら上手く相槌が上手く打てるようになれるんでしょう?」

「あなたがいつも地球の呼吸を感じながらヨガで体を動かすように
他人とも常に呼吸を合わせるよう心掛けなさいな。
そんな難しい事じゃないよ。」
そうか先生はいつも私の呼吸に合わせながらマッサージしてくれる
からより一層癒されるんだろうな。
私も早速生徒たちに実践してみようと思う。

まずは相槌の不整脈を直す為に練習としてテレビで喋っているニュース
キャスターに向かって相槌を打ってみたりした。
その横で一歳になる甥がおもちゃで遊ぶ手を止めて不可解な私の行動を
不思議そうにじっと見つめていた。