2005/11/26  #75

そして、インド人


皆様お元気ですか。
私はここ1ヶ月ほど狂ってました。はい。

春先から抱えていた煩雑な視察ツアーがいよいよ大詰めになり、ファイルは電話帳数冊分の厚さになり、電話魔のお客さんからは、私の携帯はホットラインかとツッコミいれたくなるほどにガンガン電話が入り、しかも視察先はインドなもんで、もう視察アポイントがころころ変更になるし、そのたびごとに「インド人の嘘つきー!!」と叫びながら、胃の痛い作業を続けていました。
・・・にもかかわらず、出発直前で細かいミスが噴出してきて、値切られるわキレられるわ、インド人は「これがインドよ、ナゲさん」とか開き直ってるし、あーもうダメ。
ストレス爆弾サクレツで、たぶん黒いオーラを発してたんじゃないかと思います。周囲の皆様ゴメンナサイ。

だってねー、現地の大企業の工場を視察する予定になっていたら、出発直前になって、「ナゲさん大変よ、○○社、工場ないよ。」って、何をどうやったらそんなことになるんでしょう。じぇーんじぇん、理解できましぇん。

「工場ないって、なんなんですか。工場視察するんですよ!?」
「工場、だいぶ前に閉めちゃったらしいんだけどね、税金対策で、工場閉鎖を公表してないから、ウチも気がつかなかったよ」
「だって先方から視察の許可取ってるでしょう、工場ないのに、誰が工場視察の許可出すんですか、っていうか、工場あるかどうかくらい調べてなかったんですか!?」

「うーん、おかしいねえ・・・・。あと、ホテルがねえ」
「なに、ホテルがなに!?」
「予約とってるんだけど、どっかの国の首相が来るらしくって、もしかしたらホテル追い出されちゃうかもよ。これ、一番いいホテルだから、政府要人がよく使うのよ」

「・・・・・・・・(声にもならない)」

・・・・ダメ、もーダメ。煮るなり焼くなり好きにして。
明日、そのツアーが帰国してきますが、現地で一体どうなったのか、果たして問題なく終了したのかどうか、もう何も聞きたくありません。
あの電話魔のお客さん、あす早朝に関空に着くなり電話してくるんじゃ・・・・ああ、携帯って、うらめしい。

いやはや、中国人もなにかとキョーレツですが、インド人もすごい。しみじみ再認識しました。
何がすごいって、腹が据わってる。
そうよね。工場ないもんは無いんですよ。怒っても慌てても、無いもんはしょうがないわけで。
・・・・って思うんだけど、ごく普通の日本人である私はやっぱり慌てるし、日ごろ外人と接触がないお客さんは、輪をかけて日本的な感覚だから当然怒るし、いやー、難しいな。
日本マーケットを相手に商売してる以上、日本人の感覚というのを尊重して、現地を教育していかなきゃいけないんですけど、やっぱり本当は「郷に入れば郷に従え」
と、いっぺん言ってみたい、かな。
「これがインドだ、ガタガタ言うなー!」とかね。
言うと、たぶん相当スッキリできちゃうと思う(笑)。

あ、グチりついでに、もうひとつ。
よくお客さんに言われるのが、「現地の物価水準に比べて高い」っていうセリフ。
たとえば、中国でガイドと車を一日チャーターして100$とか、ベトナムで夕食1回10$とか、インドで観光地の特別入場料が50$とか。

提示するたびに、目をむいて、「平均月収が1万円の国で」とか「20円で定食食べられるのに」とか言われるんですけど、だったら現地行って、現地の言葉をしゃべって、自分でおやりなさい、って思うんです。
手数料も通信費もかかるし、だいたい、そういう発展途上国においては、外国人向けのものは何でも高い。とても高い。
ガイドだって、そういう国で外国語を学べるような経済環境にある人間はそう多くはないことを思えば、現地ではエリート。そのエリートを雇うんだから、そのへんでブラブラしてる人にお小遣いを渡して仕事させるのとは訳が違う。
旅行をするお客さんが言うのなら、まだ「知らないんだな」くらいにしか思わないけれど、旅行社の人にそれ言われてしまうとねー・・・・引きます。

おっと、久々に更新したと思ったらグチ大会じゃ、申し訳ないですね。
はい、邪悪な気分はサヨウナラ、
今年もあと1ヶ月、ぱぁんと明るくいかなくっちゃ!

とりあえず、これから飲みにいってきまーす!ではでは。