2003/1/18  #42

やっぱり飛びませんか

皆様こんにちは。遠くに住んでいるお友達が、私のコラムをいつも楽しみにしていると言ってくれるので、ちょっと気を良くして早めに更新してみます。
・・・というか、ここ数日寒くて寒くて、ストーブの前で丸まって出来る建設的な作業といえば書くことぐらい、っていうのもあるんですけど・・・。

「夏をもって棟とすべし」という日本古来の建築スタイルに従ったわけでもないでしょうが、「陰影礼賛」とでも口走ってしまいそうなほど、移り住んだ新居はやたらめったら窓が大きく、しかも多いんです。夏なら快適そうなんですが、今はとにかく寒くって。気密性がおそろしく低いので、一酸化炭素中毒で命を落とすことだけはなさそうです。まあ、「明るくて風通しが良い家」という条件を頑なに貫いた成果でもあるわけで、ありがたいことなのですが。
おふろがね、念願の窓アリなので、朝風呂が最高に嬉しいです。窓バンザイ。

・・・で、えーと。
もうタイトルでお察しいただけたかもしれませんが、ええ、カンボジアへのチャーター便のことでございます。
結論から言うと、飛びませんでした、はは。

不幸中の幸いというべきか、直前のフライトキャンセルではなく2月と3月に予定していた便の欠航でもあり、そもそも集客不足が原因なので、私個人に関して言えば影響もあまり大きくはないのですが、某大手旅行社さんは、持ち分の数十席を完売していたため、これからが大変です。
飛行機が飛ぼうが飛ぶまいが、旅行業法の規定上、なにがなんでもツアーは催行しなければなりません。
チャーター便でなくても、タイ航空やベトナム航空を使ってカンボジアへ行くことはできるけど、この時期はどこもパンパンで、今さら数十席も取れるわけないし、どうするのかな。
・・・う、考えただけで気持ち悪くなってきた・・・・知ーらない、っと。

とはいえ、私もこれから少し気合入れないと。
チャーター用に押さえてたホテルが何十室もあって、これのキャンセルチャージを取られないよう交渉しなくてはなりません。
この時期カンボジアは日本からに限らず世界各国から観光客が押し寄せて、ホテルの予約もパンパンなので、ホテル側はかなり強気でデポジットとかキャンセル代とか請求してくるんですよね。
でも飛ばへんもん、払われへん。うちの現地スタッフには悪いけど、私の代わりに現地でゴネてもらいます。ふふ。

それにしても、この時期のベトナムやカンボジアの現地スタッフは本当に大変そう。ホテルの確保やお客さんのお世話で東奔西走しているせいか、カンボジア事務所のKさんが最近、微妙に壊れてきたような気がします。
少し前にベトナム事務所のチーフに「うち来ない?」と誘われましたが、私はちょっと・・・。ストレス溜めすぎて、アトピーで再起不能になりそう。そのくらい、ピークシーズンの現場は激務です。Kさん、オフシーズンになるまでもつかなあ。頑張れ。

さてと。フライトキャンセルになったとはいえ、2月7日と11日、それから3月22日と26日の分だけは飛ばせるとのこと。各旅行社さんもここを集中販売するそうなので、ランドもしっかりケアしなければなりません。
お暇な方、カンボジア旅行はいかがですか?ふふふ・・・。