2003/9/15  #33

トイレ考

あ〜、またトラブルが・・・・。しかも、警察沙汰すれすれじゃないのよ・・・。

こんな呟きが思わずもれたのは、7月の終わり。
某国へ研修旅行に出かけた女子高生が、帰りの機内で乗務員にセクハラ行為を受けたという報告を受けて、思わず「はは・・・」とチカラなく笑ってしまいました。
いや、笑い事じゃないんですけど、ただでさえ一般のツアーより手間も神経も使う研修旅行だというのに、最後の最後にいったい何してくれるんだ、○○航空、と思うと、もう笑うしかなくて。

あれから1ヶ月半、実はまだモメています。
航空会社の乗務員の起こした問題だし、間に旅行社が入ると余計ややこしくなるということで、生徒さんの保護者や学校側との話し合いは航空会社の営業マンに任せているんですけど、当の生徒さんと、セクハラしたとされる乗務員の言い分が、どこまでいっても平行線らしいんですよねー。
生徒さんがトイレで用を足しているときに男性乗務員が入ってきて、紙コップだかペーパーだかを補給していった、しかも、その女の子がトイレから出てきたら、乗務員が外に立っていて、体を触った、とかいう話で。
仮にも国際線の乗務員といったら超エリートだし、わざわざそんな犯罪じみたことして、自分の一生を棒に振るようなマネするかなぁ〜?と思いつつ、もしセクハラが本当だとすれば断じて許せ〜ん!と、ずっと状況を見守っているのですが、いつまでたっても真相解明の気配もなく。
乗務員のほうは、トイレに入ったことは認めてるんですが、体を触ったつもりはない、というんですね。じゃあどうしてトイレに入ったかというと、ドアが半開きだったので誰もいないと思い、紙コップを補給しようとして入ったら女子高生がいた、謝ってすぐに出ればよかったのだが、思わずそのままコップ補給の作業をしてしまった、というんです。

この話を聞いて、旅行社の担当の方は、「普通、トイレで人が用を足してたら、ビックリしてドア閉めるだろう。そこからして、もう怪しいじゃないか」とおっしゃったんですが、私は、ハタと思い当たることがありました。

そこの国、道ばたで女性が、
お尻出してオシッコしてるんです。


いや勿論、都市部では最近そういうのも見かけなくなりましたし、若い子なんかはしませんけど、私も何度か遭遇しました、男性が道ばたでするのとおんなじ感覚で、おばちゃんがジャーって・・・・・。それって、ごくごく一般的な風景みたい。
そういう文化の中で生まれ育ったら、うっかり人のトイレを開けてしまっても、私たち日本人が考えるほど動じたりしないかもしれないですよね。うん。
だからって彼のセクハラ疑惑が晴れたわけではないし、当の生徒さんや保護者の方にしてみれば、そんなので納得できるか!とお思いでしょうが・・・。
いましばらく、推移を見守っていきたいと思います。

でもホント、国や文化によって、トイレ、というか排泄に対する感覚って、けっこう違いますよね。ご存知のとおり、中国のトイレは実にあけっぴろげで、私たち外国人にとっては恐怖の館のような存在。田舎のほうを移動していると、毎回毎回「今度こそドアありますように。いや、せめて仕切りだけでも・・・」と神様にお祈りするのですが、やっぱり無い。
回を重ねるうちに段々と羞恥心も麻痺してきて、穴だけトイレに友人同士で入れるようになってくると、他人の文化を受け入れて実践できるようになった、これで私も真の国際人だ、と胸を張れるようになること請け合いです。(うそ。)

排泄ひとつとっても、文化によってその扱いは様々なんですよね。いいとか悪いとかじゃなく、どっちも正しい。
自分の感覚では理解できないものも認めると、世界はグっと広がるし、争いももっと少なくなるような気がするんですけど、世の中、トイレのドアの有無ほど、単純にはいかないんでしょうねえ・・・。