2003/3/21  #21

「ダブルパーンチっっ!!!」


来ました来ました、キャンセルの波が。
攻撃開始と共に、鳴る電話なる電話、全部キャンセルの連絡。午前中いっぱいそんな電話の応対に追われていたと思ったら、午後からはピタリと電話が鳴らなくなってしまいました。
・・・・ヒマー・・・・。
今回は戦争に加え、3/17の朝刊一面に「ベトナムや香港で謎の感染症が蔓延」との記事が載ってしまったため、もうダブルパンチというか、泣きっ面に蜂というか、もう煮るなり焼くなり好きにしてっっ、っていう具合で。これまで何とか、戦争の足音が聞こえつつもキャンセルにならずに持ち堪えていたツアーも、この感染症騒ぎで一気に落ちていきました。
そこへ、今日のこの攻撃開始。

もうねえ。
午後からは営業先を回ってたんですけど、どこ行っても、キャンセル処理に追われてるか、処理が一段落してボーっとしてるかどっちかで、「あー、ナゲちゃんか。ヒマやろ。一緒にバカンスでも行くけー?」だって。
国内旅行が主力の旅行社さんは、まあ忙しそうでしたけど、米軍基地のある沖縄旅行はだいぶキャンセルが出てるみたいで、大変そうでした。沖縄の観光産業に携わる方は、本当にお気の毒です。

戦争だけなら「アジアは安全」って言えたんですけど、この感染症が。
「重症急性呼吸器症候群(SARS)」っていうらしいんですけど、対応できるワクチンがすぐに見つからなかったということで、旅行者の恐怖を煽っちゃったみたいですね。実際は、感染者を治療した病院関係者や家族・友人など緊密な接触をしたものだけに感染は限られてるらしいんですけど。
「余計な報道するなーっ!」って、メディアを恨みました。逆恨みだけど。

まあ、仕事の面だけ考えたら、戦争が終わって旅行需要が回復してきたときにSARS騒ぎが起こるよりは、今まとめてドーンと来ちゃったのは却って良かったのかしら。

笑ったのが、大阪支社の4人の営業マン全員が、今日になって申し合わせたように体
調を崩したこと。
気が抜けちゃったんでしょうね。いつもは「体調管理も営業マンの仕事のうち」と豪語していた上司も、鼻水たらしてボロボロになっていました。先輩なんか、いきなり体中に湿疹できてるし(笑)。

・・・でもなんか、仕事の面だけでなく、戦争とか病気とか、生と死に目を向けざるを得ないようなものが、いっぺんに並べられた感じ。
私は、今ここで「もぉぉぉぉっ!」って言いながらキャンセル処理してても別に死にはしないけど、今この瞬間も、イラクでは一般市民が死んでいったりしているんでしょうか。

「どさくさに紛れてテポドン飛んで来るんちゃうか」と笑ってたお客さんがいましたけど、あんまり笑えないかもね。
もしそうなって、自分が死の恐怖にさらされたとき、私はこれまでの人生を後悔せずにいられるだろうか、ってちょっと考えました。
ちゃんと選んでいる人生か、起こる出来事に反応しているだけなのではなく、何を欲しているのか自覚している人生か。欲しいものを、ちゃんと掴んでいるか。

・・・・というわけで、あとで後悔したくないので、とりあえず今みたいなヒマな時期に、いろんなことやってみたいと思いました。旅行とか習い事とか、あと、世界中の幸せのためにも何か。
そうそう、お金や仕事は後でいくらでも取り返せるものね。時間や経験のほうが大
切。
ドンドン行きますよ、ナゲは。
お金なんて、使うためにあるんぢゃ。ふふ。(←意外と破滅型かも){

2003年3月20日 イラク攻撃開始の夜、会社にて。