2003/1/6  #14

旅行会社とおせち料理


新年あけましておめでとうございます。

今年の年末年始休暇はけっこう長かったこともあり、大阪から本州西端に位置する実家まで、青春18切符で往復するという学生のような所業を達成し、「やったった。」という満足感に浸ったお正月でした。
中国留学中、北京からウイグル自治区のウルムチまで丸4日間汽車に乗りっぱなしだったことを思えば、10時間乗りっぱなしくらい余裕コキコキっ。

・・・と、私がそうやってロードムービーのような休暇を過ごしている間に、ベトナムではクレームが発生していました(笑)。

ガイドが役立たず、というお叱りを現地から直接お電話でいただきましたが、年末年始の混乱のなか、チェンジしようにもガイドの絶対数が足りず、結局そのままのガイドでご旅行を続けていただきましたが、その後どうなったのでしょうか。
明日の仕事始め、主催の旅行社さんにお電話するのがとっても怖いナゲウリ子、この続きはまた今度。ふふ(笑ってる場合じゃない)。

さて、お正月といえばおせち料理ですが、皆様のお宅では、作られますか?それともご購入されますか?
この業界に入るまでは、あんまり「おせちを買う」という発想がなかったのですが、毎年年末になると旅行社さんにおせちセットを押し売られそうになり、対応に頭を痛めています。

なぜ、旅行業者がおせちセットを売っているのか?
旅行業者さんにも色々種類があり、まるっきり旅行会社として独立しているところもあれば、電鉄会社のグループ企業、大手メーカーのグループ企業として運営されているところなど、経営体系は実に様々です。

で、このグループ会社のほうが、グループ内の相互協力、あるいは親会社からの命令という形で、色々なものを販売したりしているわけなんですね。
旅行社さんのほうにも販売数のノルマがあるらしくって、うっかり12月中旬頃に営業にいってしまうと、いきなりパンフレットを渡され、「さあ選んで」とか言われるんですが、3万円セットとか5万円セットとか、いったいどこのマダムが召し上がるのよ、ナゲはお給料安いもんねー!実家で母がおせち作って待ってるもんねー!ってなもんです。買えんほっちゃ(←地元弁)。

業界の販売協力にはこの他に「カード加入」というものもあり、年に数回は、アメッ○スだのJ○Bだのダイ○ースだのといったカードに入会するよう、旅行社さんに頼まれます。

これも、なんかいろいろ絡みがあるみたい。
たいてい初年度の年会費は無料なので、とりあえず入るだけ入っておいて、1年以内に退会する、というのが業界人としての常套手段なのですが(入りさえすれば、旅行会社としてのノルマは達成されるので)、カード会社もそんな美味しいトコ取りばっかりされてたんじゃ堪らないんでしょう、あの手この手で引き伸ばしにかかっていらっしゃいます。そりゃそうだろうと思う。

うちの社内にも、つきあいで入会したあと退会手続きするのを忘れてしまい、アメッ○スのカードを持ちつづけたまま、1年に1万いくらという会費を払いつづけている人がいますが、うーん、もったいナイ。

というわけで、私も気付けば数種類のカードを持つ、一見お金持ちサン。そろそろアレとアレが1年経つから、さっさと退会手続きしとかなきゃ・・・。

カード会社の方、もしこれ読まれたらゴメンナサイ。だって、お客さんに入会頼まれたら断れないし、そんなにたくさんの年会費も払えない。カードは1枚か2枚で十分なのよねん・・・。

-----では、今年もよろしくお願いいたします。
今年一年が良い年でありますように。
すべての人、すべての出来事に感謝と、そして祝福を。

***おまけ***
皆様のお宅のお雑煮はどんなのですか?
ナゲん家は父の出身地(松山)の風習で、すまし汁のなかに、丸いあんこ餅が入っています。食べ進むうち、中のあんこがドロっと・・・。
先日友人にその話をしたところ、「うげぇぇぇぇーっ!?」と絶叫されてしまったので、よそ様のお雑煮が大変気になる今日この頃なのでした。
けっこうイケるのにぃー、あんこ雑煮(笑)。