2002/9/15  #6


「腹黒セールスマン・ナゲウリ子、四川省で解脱」

いやー、すばらしいわ、九寨溝。まさしく、この世の天国。
悪いけど、あれ見て解脱しちゃったね。なんか天使のように清らかになっちゃった。水なんか真っっっっ青でね、なんかおかしいんじゃないかと思うほど澄んでてね、森は豊かな原生林だしね、湖畔にはパンダの親子が水を飲みに来てね・・・って、パンダはウソだけど。

というわけで、中国国家観光局主催の視察で、中国は四川省の世界自然遺産、九寨溝と黄龍に行って参りました。あまりのすばらしさに脳のどこかをやられてしまい、放っておくと、恐山のいたこのようにその素晴らしさをまくし立ててしまうので、ここはひとつ順を追って・・・。

ランドオペレーター業というのは各地域に密着した仕事をしているため、その国・地域の観光局や航空会社から、広告宣伝を目的とした視察ツアーに招かれることがよくあります。
現地を視察して、いっぱいお客さんを誘致してね、というわけです。日頃はライバル関係にある同業者さん達と一緒に行くんだけど、別にバトルロワイヤルみたいにはなりません(笑)。

で、今回の視察、行く前は九寨溝と黄龍だけだと思ってたんですが、着いてビックリ、旅行のしおりには「第1回 国際パンダ祭り記念式典」の文字。なんじゃそりゃー!

・・・そもそも、九寨溝・黄龍ってご存知でしょうか?
NHKなんかの番組で何度か取り上げられているのでご覧になった方もあると思いますが、チベットの東隣、四川省の山奥に、それはそれはキレイな湖沼群があります。その湖沼群の名前が、九寨溝と黄龍です(2カ所ある)。その水質に含有される鉱物類の作用のために、水はこの世のものとも思えないほど青く透き通り、水に含まれる石灰質が何千年間にも渡って積もり積もり、棚田のような大小の池を作り出している様は、まさに圧巻です。

この地域はパンダの棲息地としても知られ、近郊にはパンダ繁殖センターなるものもあって、パンダのふるさととしても有名なのですが・・・・なにもアンタ、パンダ祭りって。しかも、「国際」って。

しかし、さすが中国、やることが違うね。
四川省の省都・成都から、式典参加の客人たち(日本のテレビ取材班含む・後日放送?)を乗せたバス20台を連ね、パトカー先導で一般車両を蹴散らしながら悪路を爆走すること12時間、今まで秘境と言われてきた九寨溝の地に、ご立派な式典会場を設営しておりました。
夜8時から始まった式典では、オリンピックの開会式か北朝鮮のマスゲームかと思うようなショーが次々に披露され、あまりのまばゆさに、「こんな田舎で、この電力はどっからくるんじゃー!」と叫びたくなる衝動を抑えるのに必死。あれ絶対、周囲200キロくらいは停電してたハズ。
式典の最期には、赤い布を掛けられた巨大な箱が壇上に運び込まれ、「ワン、ツー、スリー」の掛け声とともに布がめくられると、そこにはパンダのリャンリャンとチューチュー(名前、記憶あいまい)がぁ!
しかし、わずか1分ほどで檻ごと退場してしまい、見る者全員が「これだけ?」と腰が砕けたのは確実。 第1回国際パンダ祭り、第2回もやる気だろうか、中国人よ・・・。

と、ここまでは腰砕けでしたが、やっぱり九寨溝・黄龍は素晴らしかった。
出発前にちょっとイヤなことのあったナゲでしたが、そんなもん吹っ飛ぶくらい快感で幸せで、日頃の腹黒ぶりがウソのように、清らかな心持ちになる始末。
みんな、いいよー、九寨溝と黄龍。
早く行かないと、どんどん観光地化されちゃうよー、って言わないといけないのが、すごく残念なくらい、キレイ、清らか、天国。
黄龍は富士山より高い峠を越えて行くから、高山病とかちょっと心配だけど、今回、私の周りはみな大丈夫でした。私が少し気分悪くなっちゃったけど、海抜3000Mのところでビール飲むからだ。自爆だよ(笑)。

研修の最後には、臥龍というところにあるパンダ繁殖センターに立ち寄り、パンダと一緒に写真とってきました。
いつもなら規定のお金(200元=3000円くらい)さえ払えば、赤ちゃんパンダを抱っこさせてもらえるみたいなんだけど、この日は子パンダの体調が優れず、親パンダが登場。
遠目に見るとかわいいパンダも、横に座られると、どこかのヤバイおっさんのような貫禄があり、しかも寝起きだったらしく、ご機嫌ななめ。
殴られないようにビビりながら全員で写真を撮り終わると、センターのスタッフ4人がかりで引きずられ、おっさんパンダは退場していかれました・・・。

はー、いやはや、楽しかった。タダで行かしてもらってスイマセン。
今後は九寨溝の伝道師となって、人々にその美しさを説いてまわる所存ですので、楽しみにしとけ、中国国家観光局よ。
ついでだから忠告しとくけど、観光地の中の公衆トイレは非常にキレイに整備されてたけど、一歩外へ出ると、相変わらずドア無し、しきり無しの穴だけトイレ、しかも穴の底に見たくないものが盛り上がってたぞー。パンダ祭りはいいから、あれ何とかしてくれよ、国家観光局ぅーっ!