#9

いろんなことに感謝できるようになれば、
自分の役割はまわりが教えてくれる。


□うえやま
達さんのように、夢がどんどん湧いてくる人もいれば、
夢がなかなか持てない人も結構いるんだと思います。
夢を持つのに大切なことは何でしょうか?

□達さん
現状を謙虚に受け入れて、
小さいことに感謝ができるようになることではないかと思います。
そうすることで自分の「役割」を見つける、
それが夢である気がします。


ぼくがメジャーリーガーになりたくてもなれません。
だけど、世界で見てきたことを日本に伝えて、
日本のことを世界に伝えることなら
できるんじゃないか、
これがぼくの役割=夢
だと思います。

ただ、役割は考えても絶対にわからなくて
いろんな人にあったり、本を読んだり、
旅をしたりするなかで自問自答し、
まわりが与えてくれるヒントを
素直に聞いていれば、
だんだん見えてくると思います。


アドバイスやヒントに気付かなかったり、
貴重なアドバイスなのに
耳をかさなかったりするのは、
謙虚な気持ちがないからかも知れませんね。
役割はまわりが教えてくれるような気がします。

□うえやま
現状を謙虚に受け入れるとは、
具体的にどういったことなんでしょうか?

□達さん
どんな時も言い訳しないことでしょうか。
例えば失敗してもすべてその行動は自分が決めたことなのだから
責任を負っていくというような。

物事を決める時、いろんな人がいろんなことを
アドバイスしてくれますが、最後に決めるのは自分です。
自分が判断したのだから人のせいには決してできない。
言い訳せず、現状を受けいれる。
それができれば、少しずつ夢に近づけるんじゃないかと
思います。