2004/1/9  #76

福袋の中身が知りたい!


ちょっとおくればせながら、あけましておめでとうございます。
ラムネ庵です。
今年もがんばります。

さてあれですよ。
お正月は二日にバーゲンを狙って早起きして
町にでました。
きっと僕とおんなじような人たちで町はごったがえしている
にちがいないと思っていると…
しかし、すぐに別の目的で出てきている多数派の人たちが
いることにきづきました。
福袋!
正直福袋がこんなに人気があってよく売れているものだとは
思いませんでした。
実際どのお店もだいたい店頭に福袋を用意しているし、
一つのデパートでも各階の売り場や店舗がそれぞれ福袋を
作っているので実にいろんな種類の福袋が町にあふれていました。
二、三個買ってる人はざらで
僕が見かけた限りでは6つも福袋を抱えて
身動きとれなくなっている人までいてましたよ!
デパートの店員さんが言うには福袋目当てに
前日の夜中3時から並んでる人がいたそうで、
いったいいつのまにこんなに福袋がブレイクしたのだろうかと
驚きがかくせませんでした。
この福袋なのですが、福袋研究会さんのホームページによると、
始まりは、大手デパートでは、大丸が江戸時代に始めた
という記録があるそうです。
その時の中身は端切れなど。
それを袋に詰めて初売りの時に販売していたそうです。
でその中に、たまに金の帯が入っているものが混じっていて、
それが当たりだったり、
だからもともといいものもあるけど、
悪いものにあたっちゃう確立もあるっていう
冒険的な買い物の性格を福袋は
生まれながらにもってたみたいですね。
そのあと随分間があいて
松屋が明治40年、松坂屋が明治44年から始めています。

そんな風にして続いてきた福袋ですが、
本格的に盛り上がってきたのはやはりここ15年くらいの話のようです。
主な理由としては
●デパート本体だけでなく、テナントショップが
  特長的な福袋を開始した。
●店側が、福袋を在庫処分的な位置づけから「商品」
  として質の高い中身を選ぶようになった。
 →はずれが少なくなった?!
●高額福袋など、ユニークでバリエーションが豊かな福袋が増えた。
と大きく3つの要因があるみたいですね。

高額福袋ってすごいですよー!
2億円の宝石福袋が販売されてたり(売れ残ったそうです)
車の福袋があったり、
なんと住宅の福袋なんてものまであるんです!!
今年は伊勢丹が、3000万円の住宅福袋
「新築一戸建て住宅とガーデニングパック」を販売
(これってもはや福袋ではないのでは…)して、
当日締め切りで4倍も申し込みがあったそうですよ。

そんなわけで福袋でした。
今まで福袋というと、
僕的にはどうせいらないものが入っているのだろうと
買う気はぜんぜんしなかったのですが、
こうみんな買っていると心動かされるのが心情です。
なかには中身を見てもいい福袋があって、
試しにバック売り場の福袋の中を
ちょっとのぞいてみたら結構いろいろ入ってて
ああ、ちょっといいかもとか思ったりしたのでした。
来年は好きなブランドの福袋でも買おうかしら。。。
----------------------
今年からこのコラムはちょっと間隔をあけて
各週金曜日アップを目標にさせていただこうと思ってます。
随時疑問募集中ですので、なにかあったら
ラムネ庵までお待ちしてマース。
ではでは。

【参考ホームページ】
福袋研究会さんのページ。ひじょーーーに勉強になりました。
http://www.onda-honpo.com/fukubukuro/

ラフォーレ原宿の福袋の中身
http://www.laforet.ne.jp/harajuku/special/401fuku/
これみてるとすごくお買い得みたいです。6万円相当が5千円とか。