2003/10/24  #68

町の電器屋さんと語る
Linuxとはなにか〜その3〜


こんにちはー。ラムネ庵です。

知り合いの町の電器屋さんにLinuxとは何かを聞く第三回。
実際の話、Linuxのどこがいいのかとか
どこが使いにくいのかっていうような話を聞きたかったんですが…
どうやらややこしいことがいっぱいあるみたいです。。。



。。。。。。。。。。
Linuxのよいところ、わるいところ


電器屋さん:
で、いまなぜLinuxがもてはやされているのかというと

ラムネ庵:
そこそこ!なぜ?

電器屋さん:
わかんない

ラムネ庵:
えー!

電器屋さん:
いやいや 実際にLinuxにできてWindowsやmacOSにできない
ことっつーのはないんよな。
いくらマルチユーザーやらマルチタスクOSやら言ったところで
LinuxにできることはWindowsやmacOSにもできる。

ラムネ庵:
じゃあなんでりなっくすりなっくすって騒いでんの?

電器屋さん:
実際にLinuxを商売にする連中が出てきたからだと思うよ

ラムネ庵 :
アレンジして売り物にするんや

電器屋さん:
そう
最近ではNTTが通信設備のOSにLinuxを
全面採用ってハナシもあったしな。

ラムネ庵 :
開発する側も安くつくもんね

電器屋さん:
そこよ、一から作るよりもラクそうだしな。

ラムネ庵 :
じゃあ最近企業とかで使ってるのは
Linuxベースのものが増えてるんだね。

電器屋さん:
ふえてきてるんだろうね
UNIXが駆逐されていくような流れらしい
あと・・・もうひとつは一般向けデスクトップOS
としての進化も遂げつつあるという点だな

ラムネ庵 :
そうそう、個人で使ってる人も増えてるみたいね。

電器屋さん:
要はLinuxのGUIが洗練されつつあるんだよ
WindowsとかmacOSなんかと
違和感のないような形になってきてる
それも含めて全部タダってことになるだろね。

ラムネ庵 :
やはりただか!ただはうれしい。

電器屋さん:
でも・・・いいことばかりじゃない。
いや、使ってみるとわかるが ・・・
むしろややこしいことのほうが多い。

ラムネ庵 :
どんなとこが?

電器屋さん:
使用するに際して頭に入れなきゃならん知識が多すぎるんよ。
入門本みたいなの買うとすぐ一万ぐらい飛んじゃう。

ラムネ庵 :
ただの意味ないねえ。

電器屋さん:
そうやなぁ もちろんネットを駆使して資料を
探すことはできるけど、もっと大変なことになるやろな。
インターネットへの接続でつまずくと まずお手上げだしなぁ。

ラムネ庵 :
そう簡単にはいかないのね・・・

電器屋さん:
それに・・・これが一番大きな要素だと思うんだけど・・・
実際パソコンを買うとWindowsなりmacOSなりが
既に入ってるわけよ。

ラムネ庵 :
そうだねぇ

電器屋さん:
わざわざそれを使うことを拒否しLinuxをインストールして
使う意味があるのかと・・・
長年WindowsなりmacOSを使っていて
Linuxに移行するとするだろ?
そうなるとまずはWindowsやmacOSでやってたことを
Linuxで再現しようとするわけよ。

ラムネ庵 :
うんうん

電器屋さん:
メールしたりWEB閲覧したりするのは問題ないが、
やってたことってそれだけじゃないわな。
キーボードと連携したり、おまえならDTM関係を強化したい
と考えたりするだろ?
まぁもっともおまえはWindowsでさえできてなかったが・・・

ラムネ庵 :
うんうん・・・ってうるさいわねえ!

電器屋さん:
そこで問題が起こる。
周辺機器や内蔵機器がLinuxに対応しているとは限らんからな。
せっかくインストールしてもモデムやNICやプリンタが非対応なんて
ことになると通信できんかったり、印刷できんかったり・・・

ラムネ庵 :
そういうのって機器メーカー側で対応しないの?
Linux用のアプリケーションを作るとか・・・

電器屋さん:
まずしない。 需要がない。
で、詳しく調べようとすると・・・
日本語で書かれたドキュメントがなかったり・・・

ラムネ庵 :
だいたい英語かい

電器屋さん:
まあ最近では日本仕様のLinuxもあるみたいだけど

ラムネ庵 :
うーん

電器屋さん:
さらに問題が…
さっきから言ってるがLinuxにもいろいろある。
バージョンもころころ変わる。
だから使おうとするなら まずソースコードをダウンロードして
それを自分が使用しているLinuxのバージョンにあわせて
実行可能なものに変換するような作業が必要となってくる。
これがややこしいし、慣れてもめんどくさい

ラムネ庵 :
ふえ〜

電器屋さん:
またまたさらに問題なのは仕事で使う場合だな。
文書ファイルの互換性なんかも重要になる。
少なくとも家でも職場でも同じOS上で、
同じアプリケーションを使用したほうがやりやすいハズだ。
やっぱり一般用途となると、
Windowsのように普及率がモノを言うのかもな。

ラムネ庵 :
ふぁ〜。もう勘弁して〜
なかなかLinuxを使いこなせるようなるまでには
時間がかかりそうだね。
実際にLinuxをOSとして使いたいと思ったら
どこからダウンロードできるの?

電器屋さん:
探せばどこにでもあるんだけど・・・
やめとけよ、死ぬから

ラムネ庵 :
なんでえ、いれるのも難しい?

電器屋さん:
まぁ最近は簡単になってきているけど、
それでもおまえにはムリだ、絶対やめろ 負担が俺にまわる。

ラムネ庵 :
ぎゃふん
普通にダウンロードじゃすまないのかね。

電器屋さん:
アホ!
OSをインストールするんだよ?
Windows上でセットアッププログラムアイコンをダブルクリック 
ってなワケにはいかんわな。

ラムネ庵 :
例えばひとつ教えて 日本語でわかりやすそうなやつ
電器屋さん:
http://www.turbolinux.co.jp/
http://vinelinux.org/

電器屋さん:
オレは使わないノートパソコンに下の入れてた

ラムネ庵 :(ページを見てみて)
むー…、難しそう。これはただですか?

電器屋さん:
商業がらみでない部分はタダ
すなわちほとんどタダ

電器屋さん:
各ページにあるような箱の写真はショップで
販売されている製品版のものですな。
実際にはインターネットからほぼ同じモノがダウンロードできる。
何が違うかというと・・・
商用フォントと高機能な日本語IMEなんかが同梱されてる

ラムネ庵 :
そういうのはお金かかるんだね。
それでいくらくらいだろう。。。

電器屋さん:
へ?いったいナニ企んでやがんだ?
ラムネ庵 :
いやいや、参考に

電器屋さん:
1万ぐらいだと思う

ラムネ庵 :
ふーん、Linuxには絵を描いたり、音楽編集したりするソフトもある?

電器屋さん:
ある
が、それがしたいならmacやWindowsを使え

ラムネ庵 :
そのほうが楽かね。
でもただというのはいいよねえ。

電器屋さん:
タダ・・・
さっきからそればっかりやなあ・・・

(おしまい… のつもりがあと一回ありました。
 来週いよいよ最終回、みんな見てねー(^^)/(^^)/ )