2003/7/18  #55

みみずは鳴くのか?


こんにちはー。ラムネ庵です。

なんだかこれから夏へ向かおうというのに、
涼しい日が続いてますね。
夕方などは秋を告げるような
さびしい雰囲気をもった
涼しさを感じたりします。

さて、この間友達と話していてひょんな事から
みみずは鳴くのだという話になりました。
びっくりー!みみずが鳴くなんて思いもしなかったです。
そんなことありえないと主張したのですが
しかし友達はがんとして鳴くといいはります。
それ以来みみずがほんとに鳴くのか、
鳴くとしたらどんな感じで鳴いてるのか、
どうにも気になってしかたありません。
うーん、これは僕の認識がくつがえされるかもしれない大事件です。
ぜひともはっきりさせなくては。

早速ネットで調査。
やはり同じような議論があちこちでされていましたよ。
見た感じ鳴く派と鳴かない派はだいたい半々くらい
という感じでしょうか。
鳴く派の方の意見ではみみずは「ジー、ジー」
と鳴くのだそう。
おじいちゃんおばちゃんから教わった方が
多いみたいですね。
どうやらみみずが鳴くというのは
日本では昔から言い伝えられていることのようです。
友達も小さい頃に
「みみずはもともと目が見えたんだけど、その目と引き替えに
きれいな声を手に入れた」
というすじの美しい昔話をおとうさんから聞いていたたそうです。

しかし…
結論はアッという間にでてしまいました。
埼玉県立自然史博物館のページにその質問と答えが載っていました。
こういう疑問は専門家の一言でたちまちはっきりしてしまいますね。
それによると、
●みみずには「声」を出す部分がないので「声を出して鳴く」ことはない。
●鳴かないが、音は出す。
すみかであるトンネルを出入りするときに、
体に生えている剛毛が石などにすれて音を出すことや
みみずが動いたときの空気の圧縮で音が出ることは報告されている。
●みみずの鳴き声とよく言われているのはオケラらしい。
日本で昔から言われている「みみずが鳴く」というのは、
コオロギの仲間のケラ(オケラ)の鳴き声とされている。

とのこと。
やっぱり鳴かなかったかー。

他に「みみずが鳴くってほんとう?」(谷本雄治著アリス館)という本が
でているらしいのですが、そこに
300万匹ものシマみみずを飼育中のみみずおばさんのことがでてきて
そのおばさんも「みみずは鳴かない」と言っているとか。
また、かのダーウィンもみみずを室内で飼育して観察したそうですが、
鳴かないという結論に達したようです。
この話から推測するに日本だけじゃなく外国でも
ダーウィンの時代からみみずは鳴くと信じられていた
ということになりますね。

どうやら残念ですが結論を覆してくれるような話はないようです。
でもなぜみみずが鳴くなんてことが
ずっと言い伝えられてきたのでしょう。

これは推測ですが、みみずは栄養のある土を作ってくれる
お百姓さんたちにとっては大切な生き物です。
昔の人たちもそれを知っていて
みみずへの好意から
みみずが自分の畑にいることや近くにいるのを
確認したかったのではないでしょうか。

いずれにしても
そこには何らかの願いや意味がこめられているような
気がします。
そんなふうに考えると、僕はちゅっと
やぼなことをしてしまったのかもしれないです。

でもほんとは鳴いててくれたらよかったなー。
密かに期待していたのですが。

ではでは、また来週。

参考ホームページ:みみずは鳴くのか?!実際に調査された方のページ。大変興味深
かったです。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1301/mimizu/mimizu06.htm

蛇足:みみずのあたまはどっち?
進んでいる方向にあるのがあたま。もっと簡単な見分け方は先に首輪のように色が変
わっている部分「環帯」があるほうです。あれは実は生殖器官で大人になったみみず
につくそうですよ。