2003/3/24  #42

書類送検ってなに?

こんにちは。ラムネ庵です。

ついに戦争が始まってしまいましたね。
アメリカ人は今のところは戦死者は一人ということですが、
イラクの人たちは何人くらい犠牲になっているんでしょう。
これは本当に素朴な疑問なのですが、
世界で戦争をやりたい人なんていくらもいないと思うんです。
かつての戦争によってこれだけ何回も
悲惨な歴史を作ってきたわけですから。
でも、それでもまた戦争は起こってしまった。
どうしてなんでしょう。
大方がもっている思いに反して歴史が動いてしまうことが
とても不思議でやるせない気持ちにさせられます。
いったいどんな力が働いてそうなってしまうのか。
僕はそれがなんなのかを知りたくて
今回の戦争を見つめています。

さてさて、今回はニュースを見ていて浮かんだ疑問です。
よく聞く「書類送検」って言葉。
僕にとってはなんとなくわかるような
わからんような言葉なんですよね。
よく政治家とか芸能人が書類送検されてる印象がありますが、
どんな場合に書類送検されてしまうのか、
書類送検されるとどうなるのか、
その書類っていったいなんなのか。
そういえば、この前中川家の弟も書類送検されてました。
どうなんでしょう。

調べたことをまとめてみます。
ちょっと偉そうですけど勘弁してください。
例のごとく週刊子供ニュースのページなどで勉強しました。

まず、どんな場合に書類送検されるのか。
事件の処理は普通、警察→検察庁→裁判所という順番で進んでいきます。
警察が捜査をして、最終的には裁判で決着がつくわけですが、
間の検察庁は何をするかというと、
司法試験を通った法律のプロである検事さんが
裁判にかけるかどうかを判断するということなんです。
だから裁判にかける権限は裁判所じゃなく検察庁にしかないのですね。
この過程で警察から検察庁に引き継がれる時に「書類送検」が
でてくるんです。

しかし、書類送検以外にも別な送検の種類があってですね。
事件が起きると容疑者は警察が逮捕して調べるのが基本てす。
でもその人が逃げてしまう恐れがないときは、
逮捕しないで調べることもあります。
だから逮捕されている場合は、身柄と警察が調べた書類を
一緒に検察に引き渡します。
これが「送検」とか「身柄送検」いわれるもので、
逮捕しないで調べていた人については、
調べた書類だけを検察庁に送るので、
「書類送検」と言うそうです。
芸能人や政治家が身柄送検じゃなく書類送検されるのは
事件にもよるでしょうけど
有名すぎて逃げる心配がないっていうのもあるかもしれませんね。

いったいどんな内容の書類なのかなって思ってたんですが、
これでその謎も解けました。
警察が調べた事件に関する書類だったんですね。

書類送検されるとどうなるのかということですが、
この送検によって警察から検察にバトンタッチされた後は、
検察官が逮捕されたり、逮捕されなくても
警察に調べられた人をあらためて呼んで、
話を聞き、警察が集めた証拠をチェックし直します。
この結果、「裁判にかけた方がいい」と考えると、裁判所に訴えます。
これが「起訴」ですね。
調べた結果、「この人は悪いことをしていない」あるいは
「悪いことをしているという証拠がない」という場合は、
不起訴=起訴しないことにします。
また、「悪いことをしているけれど、
わざわざ裁判にかけるほどではない」というときには、
起訴猶予=起訴はしないでおく、ということになります。

てなわけで、
世の中まだまだ知らないことばっかりです。
ありすぎてとても追い付かないけど、
それでもいろいろなことを知っていったら戦争がなぜ繰り返されるかも
わかってくるでしょうか。

ではでは、早く戦争が終わりますように。