2003/2/7  #37

飛行機の出発時刻ってどの時点をさしてるの?

こんにちは。ラムネ庵です。
先日、友達に誘われて「こじゃれたバー」に飲みに行きました。
いやー、たまにはそういうお店もいいですね〜♪

ジャズが流れていて、
落ち着いた木目のがっしりしたカウンターテーブルに、
人生の酸いも甘いもかみ分けたような聞き上手なバーテンダーさんが、
カクテルをしゃかしゃかやって作ってくれるようなお店でした。

注文をするとバーテンダーさんの
なめらかな腕裁きで作られたカクテルが、
ライトアップ(いやらしくない程度に)されたグラスに
注がれていきます。
お酒を作るという作業がこの場では立派な演出になっていて、
その見事さに思わず魅とれてしまいました。

ちゃんと自分のお酒を「作って」もらったという満足感があって、
いつものようにように一気に飲んでしまわずに大切に飲みました。
注文するのが楽しみっていう感覚はここ最近なかったことでしたね。

居酒屋の気楽さとはまた違う、
考慮された落ち着きというんでしょうか
そんなものがあるように思えました。
できたカクテルは、細かな氷がカクテル全体に
まんべんなくいき渡っていて
見た目もとてもきれいだし、なによりおいしかった。
今度は女の子と行きたいな〜。
こうやって大人になっていくのでしょうかねー。うっしっし。

で今回なんですが、
福島の新聞記者さんからいただいた疑問。
飛行機の時刻についてです。

時刻表や飛行場の表示板に出ている「出発時刻」って
飛行機の出発するどの瞬間の時刻なんでしょう!?
というのは、電車とかだったら
駅についてからすぐに動き出すしそんなに気にならないんですけど、
飛行機って搭乗に時間がかかるし、
動き出してからも滑走路を走るという場面と
飛んでいる場面があるでしょ?
となると、果たしてこの出発時刻っていうのは、
搭乗完了時間なのか、飛行機が動きだす時間なのか、
はたまた離陸する時間なのか。
いまいちわからないことないですか?

そんな疑問を解決するために、
JALとANAに電話で質問してみました。
お忙しいところ、丁寧に答えていただき、ありがとうございました。

結局どちらとも答えはおんなじだったんですが、これは
飛行機が動き出す時間だそうです。
飛行機がタラップを離れる瞬間だったわけですね。
はっきりとそう決められているそうです。
飛行機では、この時間が基準となって、
それに遅れずに出発するように全力を尽くしている
とのことでした。

でも、いくらこの出発時刻に動き出したとしても
天候や路面状況とかで、滑走路を移動しながら
様子をうかがう場合があるので、離陸時間は
まちまちになってくるそうです。

搭乗時間もお客さんがちょっと遅れたりしたら
ずれるから、やっぱり飛行機が動き出す時間を
基準にするのが理にかなってますね。
なっとく。
そうした遅れは飛行の時にスピードを上げたりして
調節するそうですよ。

JALやANAの方が言うには、
国内線の場合は出発時間の15分前、
国際線の場合は出発時間の1時間前には
必ず搭乗手続きを済ませてくださいね!
とのことです。

飛行機では時間ぎりぎりにかけこみ
なんてことはできないので、みなさんも気を付けましょう。
そのせいで、冬休みにある方は実家に帰りそびれて次の日になってたし、
僕なんか国際線に乗り遅れてチケット買い直したという
悲惨な経験があります。
すごくあせって「出発時間までに来たじゃないか!」
とカウンターの人と交渉したのですが
受け入れられず(T_T)
あの時は虚しかったなー。

やはり着いたのは1時間前をきっていて、
30分くらい前でした。ではでは、また来週。