2002/9/20  #29

こんにちは。ラムネ庵です。

ついにぼくのところにも
住基ネットの番号が送られてきました。
なんか住んでる地域によって送られてくる時期が
だいぶ違うみたいですね。

ぼくのふるさとにはもう2ヶ月前くらいに来てたそうで、
ぼくもいまかいまかと待ってたわけです。
見てみると、覚えようがない脈絡のない数字が
11ケタ並んでました。
しかし、お恥ずかしいことにラムネ庵、
いったいこの数字が何に使われるのか
まったくわかっていなかったのです。
なんか役所の作業が効率化されて、
ぼくらもちょっと便利になるんやな
くらいのことしかわからない。
なんとなく「住基ネット」っていう言葉のひびきが
なんでか「臓器提供」を連想させてなじめないのもある。
そこで、この住基ネットってなんなのか
調べてみました。
みなさんは復習のつもりでしばしの間お付き合いください。
よく知らない人はラムネ庵と一緒にお勉強しましょう。

こんな知識レベルなので、基本から教えてもらうために
「NHK週間子供ニュース」のページで勉強してみました。
このページは世の中のいろんなことが
わかりやすく解説されててとてもいいですね。
ぼくのような世間知らずにはうってつけです。
子供用だからといって内容は決して手加減してるわけではなくて、
「田中真紀子衆議院議員の秘書給与疑惑」、
「アフガニスタン復興支援会議」とか
シビアな話題も扱ってます。
この番組を毎週見てる子がいたら
ぼくより100倍は世の中にくわしいはずだ。。。

ではいきます!
まず住基ネットってなんの略か!?
「住民基本台帳ネットワーク」です。

結局これはネットワークということだけあって、
全国の市区町村と都道府県、それから全国センター
というところのコンピュータを
ネットワークでつないだもののことなんですね。
そのネットワークには「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と
今回送られてきた11ケタの番号である「住民票コード」、
それとその番号をいつ変えたのかという「変更情報」の
6つの情報が流れています。
番号は好きな番号を選ぶことはできないですけど、
変更は可能なんです。

全国センターってどんなとこでどこにあるんだろうと思って
調べてみたんですけど、
詳しいことはわからず…。
たぶん狙われる可能性があるので隠しているのかもしれません。
で、この全国センターがこのネットワークの中心になっていて、
日本全国の人の情報が集まっているわけです。
住民基本台帳っていうのは、市町村において、
住民の居住関係の公証(住民票の写しの交付など)、選挙人名簿の登録、
その他の住民に関する事務処理の基礎となる台帳のことだそうで、
ようは、この台帳が電子化されて
ネットワークでやりとりできるようになったということですね。

では、このネットワークができあがったらどんな
メリットがあるの?!
ここが一番ぼくらにとって重要ですよね。
それは大きく2つあります。
まず、来年の8月になると
有料で希望者に「住民基本台帳カード」っていうのが
配布されます。
こいつをもってないと住基ネットのメリットは
ぼくらにはほとんどないといっていいので要注意です。
まずメリットの一つ目!

住民票の写しが住民基本台帳カードを提示することで
全国どこの市町村の窓口でももらえる!
パスポートとかとるときなどに必要なこの住民票の写し、
今までは、住民票がある市町村でしかもらえなかったんですよね。
地方からでてきた大学生や
転勤の多いお父さんなんかには便利なのでは。

メリットの二つ目!!
引越しの際の転入転出の手続きがちょっとだけ楽になる!!
今までは他の市町村に引越した場合には、
引越しする前の役所にいって「転出証明書」をもらって
それを持って、今度は引越し先の役所に行って
「転入届け」を出さなくてはいけなかったんですが、
住民基本台帳カードを持っている場合、
「付記転出届」を引っ越す前の役所に郵送すれば、
役所がその情報を電子情報として
引越し先の役所に送信するので、
引越し先の役所に1回出向いて住民基本台帳カードを添えて
転入届を提出すれば手続き完了ということです。
ね?ちょっとだけでしょ?

と、まあ大きなメリットはこの2つだけ。
なんかそんなにすごーく便利になるって感じも
しないんですが、どうなんでしょう。
でもおまけのメリットとして
各市区町村によっては図書館の貸し出しカードや、
市や町の病院の診察券の代わりになることもあるみたいです。
今のところは決まっているサービスはこれくらいだけど
今後もっと便利なサービスがでてくるのかもしれませんね。

この住民基本台帳カードって有料って書いてあるけど
おいくらかしらと思って調べてみたんですが
わからず。。。
まだ決まってないのかも。
そんなに高いことはないでしょうけど
プライバシーが守られるように最新の
セキュリティーが導入されたカードのようですよ。

ところで、みなさんはこの住基ネットに賛成ですか?
結構日本全国で賛否両論あるみたいで、
福島県矢祭町、三重県小俣町と二見町、東京都杉並区と国分寺市は、
住基ネットに接続しないことを宣言しているそうです。
横浜市なんかは市民自身による「選択制」をとってますよね。
この前ニュースで13万4000人の人が
番号を付けられることを拒否する届けをだしたって言ってました。
今のところ日本全国で400万人の人が番号をもっていないことに
なるそうです。
こんなことでうまくいくのかなぁ。

というわけで、今回は住基ネットのことを
できる限りわかりやすくまとめてみたんですが、
おわかりになりましたでしょうか?

みなさんは住基カード買います?
迷うけれども、たぶん、ぼくは、買うでしょう。

あぁ。朝夕すっかり涼しくなってきました。
そろそろラムネの季節もおしまいです。
ではでは、また来週〜。

参考ホームページ:
週間子供ニュースのページ
http://www.nhk.or.jp/kdns/
これが住民基本台帳カードだ!
http://www.jj-souko.com/elocalgov/contents/c103.html