2002/8/24  #25

こんにちはー。ラムネ庵です。

ある日、ぼんやりインターネットを見ていたら、
ヤフーニュースにこんな記事が出ていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<中国人の姓>最も多い「李」は約1億人 続いて「王」「張」
【北京・坂東賢治】27日の新華社電(電子版)によると、
中国人の姓のうち最も多いのは李で人口の7.9%に達することが
中国科学院の調査でわかった。
ほぼ1億人に相当し、2位の王(7.4%)、3位の張(7.1%)
を合わせると計2億7000万人になる。
同電は世界でもベスト3の姓と報じている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

んん!中国にはなんでこんなにたくさん李さんがいてるんやろ!
と、とたんに気になり出しました。
中国の人は、こんなに李さん、王さん、
張さんだらけでいいんでしょうか。
いいんですか?
と思って、なんでこんなに李さんが多いのか調べてみました。

中国では名字は4千年以上の歴史があって、
漢代(紀元前3世紀から紀元3世紀)には天子から庶民まで
すでに名字がついてたそうです。
ラーメンと共に名字も中国4000年の歴史を持っているわけですね。
ちなみにモンゴルのように名字がなくて名前だけの国もあります。

李さんが多いことに関して、まず言えることとしては、
中国はとりあえず名字のバリエーションが少ない。
今中国人が使用している名字は約500ほどなんですが、
それに対して日本は29万もあるそうです。
これちょっとびっくり。

なんでかなぁと考えたところ、
どうも名字の付け方の違いによるもんみたいです。

日本では名字の付け方はかなり複雑。
住んでいた地名から付けたり、
その土地の地形、山とか川とか谷たにとかから付けたり、
その人の職業、農業だったら田とか、そんなんが
関わってたり、いろいろな付け方があった。 と
それに対して中国では、名字は、
その一族が生まれた古代の国の名から
生じているものが多い。
言いかえれば遠い祖先の出身国を意味してるものなんだそうです。
これで、李さんが多いわけがわかったような
気がしたんですが、どうですか?
李さんは、みんな「李の国」出身だったんです。

しかしこんなにたくさんおんなじ名字の人がいたら
あんまり名字の意味がないですよねぇ。そう思いません?
だから中国では人を区別するために
普通はフルネームで人を呼ぶそうです。
いちいち「すがわらぶんたさん」って呼ぶんですね。
まぁ名字自体も1文字が多いんでそれでいいんでしょう。

ところで、こんなに多い李さんなんですが、、、
中国には名字に関する変な風習があり、
結婚しても夫婦別性を名乗る。
そしてなんと、同じ名字の者同志は結婚してはいけない
っていう法律がつい最近まであったんです。
この法律が廃止されたのが1997年だから
ほんとについ最近ですね。
この場合、李さんはどうなってしまうんでしょう。
せっかく好きになっても結婚できないとか、
コンパをするときまず名字を聞いて、もし
李さんだったら手をだせないとか、
これまで、恋愛の悲劇は数え切れないくらい
あったでしょうね。
自分が李さんであることを恨んだ人も数多いのでは…。
これはきっと名字が出身国を表しているので、
同じ血縁同士がくっついてしまうことを
さけるためだったんでしょうけど
いくらなんでもあんまりな法律です。

ということで、
他人ごとながら
中国の李さんのことを考えると
すこしかわいそうに思ってしまうのでした。

ではでは、また来週。