2002/3/29  #4

こんにちは、ラムネ庵です。

3月末。いやー、別れの時期ですね。
ぼくも親しかった仲間としばしのお別れをしましたよ。
なんだか、そいつはいつまでもそこにいるような
気がしていて、引っ越しの直前まで実感がわかなかったんですが、
いざ引っ越してしまうと急にさみしくなってしまいました。
いつもこの時期になると永遠に続くことなんてないんだなぁ
ということをなんとなく考えます。
な〜んてちょっとセンチメンタルなラムネ庵です。

さてさてところで、
今日は、「ポッキー」なんですよ。
ポッキーってヨーロッパで実は「ミカド」って
呼ばれてるってしってました?
調べてみると、なぜか「ポッキー」と「コアラのマーチ」
は、ヨーロッパでは人気があるようでして、
そのなかでもポッキーは、「ポッキー」の名ではなく、
「ミカド」っていう名前で 売ってるんです。
調べただけで、ドイツ、イタリア、
オーストリア、フランス、イギリス、などなど、
ほぼヨーロッパ全土に出回っているようです。

由来を調べてみると、
ヨーロッパでよく親しまれている「ミカド」という
細い竹細工を重ねて遊ぶゲームがあり、その棒に
ポッキーが似ているからということらしいのです。
インターネットで見ましたが、確かに細長くて似てますが、
果たして、このゲームおもしろいのか?と
そちらのほうが気になってしまいました。
竹細工を重ねるって…ほんとに
ゲームになってるんだろうかと。
このゲームは日本では入手困難らしいです。
もしどなたか「ミカド」をやったことがある方がいたら
ほんとにおもしろいか教えてくださいね。

ちなみに「ポッキー」という名前の由来は
食べたときに「ぽきっぽきっ」と音がするから
だそうです。くっくっく。

またまた、ちなみに
昔、YMOの細野春臣がプロデュースした
その名も「ミカド」っていうフランスの2人組のデュオは、
なんとポッキーから付けられたそうですよ。

ポッキーは本当にゲームの「ミカド」からとったのか、
確かなところを知ろうと
グリコの公式ホームページでも調べたんですが、
はっきりしませんでした。

で、ぼくはグリコに質問メールを出しました。
なのでもし返事がきたら
ここで真相を明らかにしたいと思います。

ではでは、引き続き素朴な疑問をお待ちしてます。
ほんとに待ってますよ!
よろしくお願いします。

ではでは、また金曜日に。

 

参考ホームページ:
江崎記念館 
http://www.glico.co.jp/kinenkan/index2.htm
グリコのお菓子の歴史がのってます。




これが、ポッキー…いや、ミカドです。



こちらは、ゲームの「ミカド」。本当におもしろいのか!?




こんなちょっとおもしろい広告もあるそうです。