2002/5/7 #2

謎のKY活動!

何度目かの目覚ましを止め、
ようやくその身体を起こしたころには、いやがおうにでも時間に追い詰められている。
「ウッソ!もう7時やん!!!」
ドボク族の人たちは毎朝をこうしてむかえる。
昨日の疲れとアルコールを体に残したまま、
今日も過酷でしなやかな一日が始まるのだ。

ドボク族の朝は早い。とくに大きな建設会社の下請けに入ったときなど遅刻は許されないことになっている。なぜなら、そこには厳粛な朝礼が待っているからである。

朝8時になると、どこからともなく作業員たちが湧き出し、現場の一角に集い朝礼を行う。例えば公共の大きな体育施設ともなると、基礎工事関係・内装関係・水道関係・電気関係・ガス関係・外構関係・舗装関係などなど数えだしたらきりがないほどの業者が何百人も並び、その中のいち造園業者としてドボク族は胸を張って遅刻してくるわけである。そして点呼を行い、元請業者監督その他各主任の諸注意を頂き、ラジオ体操をし、秘密の活動を始めるのがシキタリなのである。
その名もKY活動・・・。

A 「あのォ、先輩。KY活動って何スか?」
B 「あぁ?あー。KYはKYだよ」
A 「・・・いや、だから何の略なんスかね?」
B 「まぁ、見てれば分かるて。
なんか言われたら「ヨシッ!」って言えばえぇねん」
A 「?」
そんな声が、整列している他の業者からも聞こえてくる。
そして本日の作業内容と安全管理について注意があった後、
各セクションごとにKY活動が行われる。

監督 「えぇー、それでは本日のKY!」
「まず、階段にケつまずいて突き指等しないこと、ハンマーで自分の手を叩いたり、ツルハシで足を突き刺したりしないこと。重いものを持つときはギックリ腰に注意だ。それからよその業者とケンカしないように、みんななかよく。おやつは500円まで。わかったか?」
作業員「うぃ〜す。」
作業員「あの〜、バナナはおやつに入るんですか?」 
監督 「・・・いや、バナナはおやつには入らない。
それは、くだものだ。」

監督 「それでは二人向かい合ってチェック!」
作業員「アゴヒモ、ヨシッ!」 (ヘルメットのこと)
   「ベルト、ヨシッ!」  (安全ベルトのこと)
「アシモト、ヨシッ!」(安全靴と足元注意の意味らしい) 
監督 「今日も一日ご安全に!」
作業員「ご安全に!!!」

一連の朝礼が終わって、工事工程表示の横にある黒板を見て、しばしボーゼンとしてしまった。そこには、危険予知活動報告と書いてあったからだ・・・危険予知・・・キケン
ヨチ・・・kiken yochi・・・まさか!?そんなバカな!
KY活動・・・詳しいことはいまだに解明されていないが、それは、人々の身の危険を予知する愛と平和の営みであることは確かだ。

それでは皆さんもごいっしょに。
今日も一日ご安全に!
      「ご安全に!!!」

さらなる愛と平和を望みたいあなたは
 http://www.dffmedia.com を要チェックだ!